All

TOEIC得点upのスクールってどう?向いている人ってどんな人?

こんにちは!久しぶりの記事です。
だいぶ私生活にも余裕が出てきたので、気ままに復活したいと思います。

さて、10月~12月の2ヶ月間、某高額英語スクールに会社からの補助で行かせて頂きまして、
TOEIC得点upのための授業ってどういった事をするのか興味ある人にチラッとお教えしたいと思います。
※公式のHPにも、ブログにも、ほとんど情報がないんですよね。。
※スクール名を出してしまうと訴えられそうなのでぼかして書いています。皆様のご想像にお任せします。

スクール概要

まず、事務的な概要から。

<Rスクールの場合>
スクールの場所:自由に選べる(都内に9箇所)
コース:TOEIC点数upコース、スピーキングコース、初心者コース(私が受けたのはTOEICコース)
授業数:全16回(週2日×2ヶ月程度)
授業時間:50分(月~日の好きな時間に設定可能)
授業料:33万円程度

実は授業の時間って50分だけなんですよ。

少ない!この少ない時間で何が学べるの!と思った方、私と同じです。

実は授業で教えられることは、解法のコツや勉強の進捗の確認、質問受付ぐらいなんです。

向いている人

さて、スクールに行くのに向いている人はどんな人なんでしょうか。
私は下記の特徴がある人がスクールに行っても結果が出る人かなと思います。

  • やる気はあるけど自分1人だと怠けてしまう人
  • 数ヶ月以内に高得点を取らなきゃいけない理由がある人(就活とか、昇進試験とか)
  • 時間がある程度取れる人(仕事が激務でない人、毎日英語を勉強する時間が取れる人)
  • マメな人(進捗報告などをしなくてはいけないので)
  • お金の余裕がある人(重要)

基本的に自分に厳しく勉強できる人、時間を作れる人が良いと思います。
つまり、魔法のように勉強をしなくても点数が上がっていくシステムではないという事です。

…と、色々書きたいのですが、話が長くなりそうなので一旦切ります。

また時間がある時に、実際の授業でどんなことをしたかや、
チラッと教えてもらった勉強法を書くかもしれないので、興味ある方はお付き合いくださいませ!

ABOUT ME
yuri
平日は社会人、週末鍵盤弾き、初心者作曲家。 音楽とお酒と甘いものと可愛い生き物が大好きです。 →詳しいプロフィールはこちら