All

スヌーピーは大人が読んでも刺さる言葉が沢山ある話

会社員DTMerの皆さん、フリーの皆さん、今週もお疲れ様でした。
金曜日らしく少し休憩をはさんだ小ネタを。

誰もが一度は見たことのあるスヌーピー。
子供が読む本だと思われがちですが、今読んでみるとまた違った良さがあるのです。

あすがすばらしい日だといけないから、うんと休憩するのさ・・

自分以外の人間になりたいと願いながら、人生を送るのは耐え難いって

配られたトランプで勝負するっきゃないのさ・・

もしこの人生に本気で何かを求めるなら、断固そうしなきゃ!

ぼくの人生は塗り絵みたいだ!毎日新しいページに新しい絵があって色を塗るんだ・・

バカげて見えるって自分で知ってれば、バカげててもかまわないのよ!

他にも良い言葉が沢山あるのでお暇なときに是非。

 

おまけ

小さいころはピアノを弾くキャラクターって言われるといつもシュローダー君を思い出してた。

シュローダー
「ラブ・ソングだって?ぼくには、そんなもんアイスクリームの食べすぎみたいなものさ…。」

言ってることも格好良すぎる…アイスクリームの食べ過ぎって…笑

ちなみにシュローダーくんの隣にいる「ルーシー」という女の子は、いつもシュローダー君のピアノを嫉妬心で破壊するんだけど、そんな女の子にはならないようにしようと思いますw

ABOUT ME
yuri
平日は社会人、週末鍵盤弾き、初心者作曲家。 音楽とお酒と甘いものと可愛い生き物が大好きです。 →詳しいプロフィールはこちら