All

[レビュー]MIDIキーボードが壊れた~ALESISQ49を振り返る~

ALESISQ49が壊れてしまった

ずっと使っていたMIDIキーボード「ALESISQ49」がついに鍵盤の反応が悪くなりました。こ、、これはきっと雪のせいだ!(横暴
ずっと我慢してましたが買い替えようと思います。。という独り言と、ALESISQ49の使用感を書き殴っておこうかと。

◇経年劣化は以下の通り

  • 1年目→ピッチ・ホイール/モジュレーション・ホイールが反応しなくなりました
  • 2年目→よく使う真ん中の鍵盤C~Cまでがカタカタ言うようになりました
  • 3年目→よく使うキーの鍵盤の反応が悪くなりました(E/Gが3回に1回ぐらいしか反応しない)
良かったところ・悪かったところ

皆さんALESISは酷評(笑)ですが、良かったところも書いておきます。

◇良かったところ

  • 軽い
  • 安い
  • コンパクト
  • シンプルなデザイン
  • 手持ちの「KORG」のダンパーが極性がぴったりだった
  • 遅延はそんなにない
  • 必要最低限の機能がそろってる
  • Ableton Live 9 Lite付属

◇悪かったところ

  • 鍵盤のタッチは価格それなり
  • 壊れるのが早い

シンプルで機能は少ないですが、start/stop/recのコントロール系はkorgのnanoKONTROL2で制御していたので全然困りませんでした。

次の鍵盤はKOMPLETE KONTROL(光るから以外の理由もありましたよ・・!w)が良かったのですが、そんなお金はない・・。
次点で少し前のTRITONのkorg taktileにしようと思ったのですが、評価が良いだけあってなかなか中古も出回ってない・・。

どうするかなぁ。ALESISと同じく最低限の機能のみのシンプルな物にしようかと悩み中。生産性のない記事になってしまった・・(汗
今日はこのあたりで。

ABOUT ME
yuri
平日は社会人、週末鍵盤弾き、初心者作曲家。 音楽とお酒と甘いものと可愛い生き物が大好きです。 →詳しいプロフィールはこちら