All

1曲にどれだけ手間がかかっているか

どうも。ちょい遅刻の更新です(滝汗
てなわけで、今日はさくっと記事を書きたいと思います。

どれぐらい拘って作曲作業してる・・?

DTMやっていると楽そうに思われる作曲作業。

皆さんきっとこだわって作ってるんじゃないかなって話。
時間と金額どれぐらいかかってるのかなって話。

 時間

こだわりに応じてですが、デモぐらいだと早くて2~3時間という方が多い印象。

1曲完璧に仕上げるのは・・どうなんだろう。
2週間~1ヵ月に1曲とかなのかなぁ。本当に個人差。1年に1曲っていう人もいた気がする。

サラリーマン作曲の人は本当に合間作業お疲れ様です・・。

 金額

いい記事を発見したので紹介。
→この曲を作るのに何が必要か、音源と金額と作例をズバリお教えします

詳しいことは記事を見ていただくとして、この曲・・・

> 合計して、この曲の必須プラグインだけで40万3545円になりました。

・・・すごい。
※もちろん無料音源で作ってる方も沢山いると思います・・!

無料と有料の違いについても少し触れています。
このあたりってバンドの機材にも通じるところがあるような・・。

> なぜこんなにお金がかかるのか?

> その理由は、「もっと良い音を出したい!」という欲求に尽きます。浮かんだ曲を作る上で必要なものを揃えたらこうなった、という話です。安いプラグインはどうしても安い音しか出ないことが多く、使い勝手が悪かったり、バグがあったりすることもよくあります。もちろん、Synth1のようにフリーなのに素晴らしいプラグインもあるのですが、それは少数派です。そして、安くて使えないプラグインをたくさん買うよりは、高くて使えるプラグインを1つ買えば済むこともたくさんあります。そんなわけでいろいろ買っていくと、それなりの金額になるのです。

あ、でも最終的に・・

> さいごに:お金をかけず、DTMを楽しもう

って書いてあるんですけどね。笑 

楽しく、セール情報に惑わされず、自分に必要なものでやっていくのが良い気がする。

さて、寒い日々が続きますが風邪に気を付けながら
自分の納得するものを作りましょう~。

ABOUT ME
yuri
平日は社会人、週末鍵盤弾き、初心者作曲家。 音楽とお酒と甘いものと可愛い生き物が大好きです。 →詳しいプロフィールはこちら