All 音楽・DTM関連

腱鞘炎防止にも!「トラックボール」のおすすめ

投稿日:

先日こんなツイートをしたのですが、
皆さん使っていらっしゃるようでコメントや反応を沢山頂きました。

今回はそんな「トラックボール」のどこが良かったのか書いていこうと思います。
あるある or ふーん と思っていただければ幸いです。

乗り換えのキッカケ

今まで使っていたマウスが「ELECOM EX-G」というワイヤレスのマウスでした。

とても握りやすい上にBluetooth(R)ワイヤレスタイプで、スクロールホイール大きくても動かしやすいので良かったのですが、
なんか最近手首が疲れる気がする・・楽なマウスはないものか・・ということで思い出したのが「トラックボール」。

よし、、導入してみよう。ということで電気屋さんへ。

トラックボールのタイプ

電気屋さんについてマウスコーナーを見るとトラックボールにもいろんな種類が・・。

  • 先端にトラックボールがついているタイプ(人差し指タイプ)
  • 親指で操作するタイプ(親指タイプ)
  • 真ん中にドーンと乗っててのひらで操作するタイプ(手のひらタイプ)

 手のひらタイプ

まずは一番見た目が格好良い手のひらで操作するタイプを試してみる。
「ケンジントン SlimBlade Trackball」

心の声「DTMer憧れのケンジントン!!1万円超え・・!!(白目)格好良くて、とてもスルスルだけど上手くコロコロできない(下手)・・上下左右のこのボタンどうやって使うの・・」

 人差し指タイプ

次に試したのは先端にトラックボールがついているタイプ。
「エレコム M-HT1DRBK」

心の声「トラックボールの中でも安い・・けど今まで人差し指でクリックしてたから・・ドラッグとか細かい操作は大丈夫かな・・(下手)」

 親指タイプ

最後に試したのが大本命の親指タイプ。
「logicool m570t」

心の声「中間の値段だけど、親指のトラックボール以外は以前のと変わらないからわりと操作しやすいかも・・」
というわけで、初心者に一番操作しやすかった「Logicool M570t」に決めました。しかもわりとAmazonのレビューでも高評価な商品だったので(ミーハー)

感じたメリット・デメリット

私が個人的に感じた今使ってるトラックボールのメリットとデメリットですが・・

 メリット

  • マウスを移動しなくていいので省スペース
  • 腱鞘炎防止によさそう
  • ボールをコロコロするのが楽しい

   デメリット

  • 慣れは必要
  • 普通のマウスよりは若干高価

というところでしょうか。

とはいっても今は全然デメリット感じてないです!
コロコロするの楽しい。

頂いたコメントでは、楽!という声が多かったですね。会社用・自宅用とか3台持っているという人も(すごい

新しいものを買うのは気分転換に良いですね。
散財しないようにしなくては・・。

-All, 音楽・DTM関連


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スヌーピーは大人が読んでも刺さる言葉が沢山ある話

会社員DTMerの皆さん、フリーの皆さん、今週もお疲れ様でした。 金曜日らしく少し休憩をはさんだ小ネタを。 誰もが一度は見たことのあるスヌーピー。 子供が読む本だと思われがちですが、今読んでみるとまた …

Qataz Audioの無償配布について

昨日発表された太っ腹なQataz Audioの無償配布。 https://www.qataz.com/free_iframe.html ・30GB分のKontaktライブラリ ・5,000種類以上のS …

『#ミックスしようよ』のススメ

最近珍しくTwitterが騒がしくて書き込み辛いのですが、 そんなこととは全く関係ない話題をひとつ。 最近夜は曲作りの息抜きとしてミックスの勉強をしているのですが、 「#ミックスしようよ」が良い企画だ …

筋トレも大事だけど・・

こんにちわ。水曜日。 会社員には一番気力のわかない日です。早く終わりたい。 さて、音楽の件以外の息抜き記事ですが、 今回は運動・筋トレとおなじぐらい大事なこと。 “ストレッチ” …

SONARからStudio oneへ~1:SONARとの比較~

月曜日が祝日だったのをすっかり忘れて更新遅れました・・。 と、いうわけで。掲題の通り、ついに2017年12月Studio oneを購入しました! 1は、一通り触ってみて「SONARとどこが違ったかな」 …

§ 基本コードイメージトレーナー


「ジャズピアノ・ゼロからの独学」様より

yuri
音楽とお酒が大好きな鍵盤弾き。
現在バンドは「七歹」と「Amanoth」に参加。
➤ twitterはこちら