All 音楽・DTM関連

【レビュー】KORG microX

投稿日:

KORG micro Xの特徴と感想

久々の更新です。KORG microXを手放すことになったのでせっかくなのでレビューを。

KORG microXは10年ほど前に発売された25鍵のシンセサイザー。
Amanothの活動の初期の頃でライブで同時に色んな音を出したいなーということで購入。

KORG X50と同機能で、パネルも操作性も変わらないので結構便利でした。
音もTRITONをベースにしてるし、音色も十分な量。
鍵盤のタッチとか、ハードの脆さはX50と変わらず良くはない(笑)って感じではあるけど。

PC用のエディターも勿論あります。
単音での音色設定のみだけでなく、音色を組み合わせたコンビネーションの設定、
アルペジエーターパターンのエディット、Multiモードの設定、ドラムキットの設定などもできます。

と、ここまではX50と変わりないが・・

ちなみに、microXは以下の「microX Plug-in Editor」を使えば、DAW内でプラグインとしても使えるのです(VST、AU、RTAS対応)

「microX Plug-in Editor」の画像検索結果

更にフィジコン(フィジカルコントローラー)としての機能も備えていて、例えばCubaseやLIVE、NIのコントローラーとしても設定次第でできる。なんて優秀な子!!

そんななんでもできる優秀な子だったけど、25鍵盤ということと、
昔より打ち込みという概念が一般的になって、ハードを沢山持ち歩く必要がなくなってお蔵入りしてたので売りに出しました。

いや、、でもハードは楽しいですね。寂しくなるなぁ。

-All, 音楽・DTM関連


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

敷居のはなし

敷居って何を基準にしているんだろうって 何かをするときにどうしても考えてしまうのが「敷居」 やってみたいけど、私には難しそう・・敷居が高そう・・とか。 ブログを最近毎日更新できてないんですが、、 それ …

soundcloudの有料版ってどう?

最近知ったのですが、soundcloudって有料版あるんですね。 しかもproとpro unlimited。 万年無料ユーザーなのですが、有料版についてまとめてみる。 違いはこんな感じ。  料金 フリ …

DAWの名前の由来ってなんだろう

だいぶ風邪が良くなってきたけどまだ療養が必要な僕です。 さて、最近各社がクリスマスまで毎日企画をやってるんですが、 Cubaseでおなじみスタインバーグから「Cubase」の以前の呼び名はなんでしょう …

[七歹]12/9(土)ありがとうございました!

詳しくはツイッターに書いたんですが、 12/9(土)渋谷 club 乙 -kinoto-でライブさせて頂きました。 そして、VJアサノ氏の初お披露目日にもなりました! 来ていただいた方ありがとうござい …

キリ番更新&チップチューンの話

本当はこの記事昨日あげたかったんですが・・ 私の怠惰により上げられませんでし・・(言い訳 さて、twitterのフォロワーさんがキリの良い1000人になりました。 特にいつもお話ししているのは同じみの …

§ 基本コードイメージトレーナー


「ジャズピアノ・ゼロからの独学」様より

yuri
音楽とお酒が大好きな鍵盤弾き。
現在バンドは「七歹」と「Amanoth」に参加。
➤ twitterはこちら